Diary of Jodel-Nozomi

         ボタンはとりあえず押してみる。

北アルプス 穂高岳縦走 ~人生最大の筋肉痛なう~

4度目のトライ。毎回雨で下山を繰り返していたものの ついに❕ 果たしました~!!パンパカパーン♪ めでたしー!・・・しかしめちゃしんどかった・・・奥穂高岳の岸壁に恐怖して半泣き。電灯もない物音ひとつしない山の頂上で見た満天の星空と天の川とペルセウス座流星群に感動してまたナミダナミダ。

多くのアルピニストを魅了し続けている穂高岳連邦、とても綺麗でした。綺麗すぎて吸いこまれそうで険しくてたくましい。辛かったけど楽しかった。いろいろありすぎましたが全部ひっくるめてナミダー!!ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

f:id:Jodel-nozomi:20170818223343j:plain

f:id:Jodel-nozomi:20170818223555j:plain

f:id:Jodel-nozomi:20170818223611j:plain
とりあえず今人生最大の筋肉痛。ようやく2足歩行できるまでに復活しました。

 

岩手の旅③ヨーデルウォーク♪奥中山高原

奥中山高原で開催されたヨーデルウォーク(^^)/

初めて踏み入れたこの奥中山高原という地は「高原」という名のとおり緑が広がり、ちょっと高いところに山…?というか山があるから小高いのでしょうか、丘みたいのがあり、おぉーー、まさにアルム!というアルプスー!でした♪ 歩いていたら ヌッ!と本当に横にヒツジ🐑がいたりでこれにはビックリ・・・Σ( ゚Д゚*)か、可愛い…ドキドキ ひつじの工房があるとのことです♪
小さき群の里 〜ひつじ工房アドナイ・エレ〜

 

奥中山高原に来て最初感動したのは生まれて初めて聞いた生の「カッコウ」の声!!これには感動しきりでした。地元の方の話によると、しょっちゅう聞いているから珍しくもなく、むしろずっとカッコーカッコー鳴いているものだから「こどもが初めて発した言葉がカッコーだった」なんてスタッフさんがいらっしゃいました。( ゚Д゚*)ほ、ホントですか…。 それにしてもカッコーの鳴き声というのは本当に『カッコー』で、本当に、カッコウはカッコーって鳴くんだな!!!って。リアル・カッコーを聞いて納得。そんな訳で最初のヨーデル曲はカッコーヨーデルでした(笑)

Margret Almer / Kuckucks Jodler  カッコーヨーデル♪



ヨーデルウォークのYou-Tube

 


岩手日報掲載記事
奥中山でアルプス気分満喫 一戸・ヨーデルウオーク

そんな大自然な中私はディアンドルをまとい参加。小高い丘から山々が連なる見事な景色を見ながらヨーデルを思いっきり叫ばせて歌わせて頂き最っっっっっ高に気持ち良かった♪(*´▽`*)爽快❕これはもう超贅沢です。野外で、全部山!緑!スケール大きーい!声がどこまでも飛んでいく~✨向こうに見える山に、ほんと届いてるんじゃないか、みたいな。誰も返事してくれなかったけど。ツンデレかな。

 

🚚野外ステージはトラックでできたステージでした。Σ(゚∀゚*)!!f:id:Jodel-nozomi:20170729003222p:plain

 今回のイベントは奥中山高原の地元の方が一丸となってスタッフとして運営され、皆さん奥中山高原が好きで大事にされており親切でした。一生懸命、とにかく一生懸命なのが伝わってきてその姿に感動しました。なんだろう、カッコつけない優しさ、みたいな・・・。あ、カッコーはいっぱい鳴いてるんだけどそうじゃなくて・・・。今回一緒に参加した母も母なりに一生懸命に積極的に参加してくれて、それが私としても嬉しくて その母をまた大事にしてくれる地元の方がいて、そういうことが食物連鎖的に(?)私も嬉しくて、もちろん母も嬉しくて、、、まぁ まとめると楽しかった、そして嬉しかった、ありがとうございました♪m(_ _)m ということです♪

ひとりではじけノリノリな母⇩

f:id:Jodel-nozomi:20170727033313j:plain

チョコフォンデュを堪能する私⇩

f:id:Jodel-nozomi:20170727033435j:plain
美味しいー(*´~`*)
f:id:Jodel-nozomi:20170727033551j:plain
・・・なんで写真に指が入るのでしょうか。七不思議です。


教会の前でアルプホルンを吹く佐藤さん⇩ また絵になってカッコイ~んですわ( *´艸`)キャッ

f:id:Jodel-nozomi:20170727033142j:plain

『チョコレートフォンデュ』と『奥中山高原牛乳』絶品でしたご馳走様です~( *´艸`)

 

jodel-nozomi.hatenablog.com

jodel-nozomi.hatenablog.com

 

 

岩手の旅②早池峰山(はやちね)登山 梅雨だけど晴天♪ 2017.6月中旬

朝4:30、御所湖から見える岩手山を眺めつつ いざ、早池峰山へ❕f:id:Jodel-nozomi:20170704014307j:plain

到着したのが5:45。今日はマイカー規制がかかる週末なので「岳駐車場」に車をおいて6:00発のシャトルバスに乗って「小田越登山口」へ。シャトルバスは5:30が始発。行きのバスは30分おきくらいに出ているけど、注意しなくていけないのは帰りのバス。帰りは小田越から岳駐車場行きに乗る訳だけど、これは下写真のようになっていて、一番注意したいのは10:42の次が12:42まで来ないという点。この時間に下山してしまうと長い時間待ちぼうけしなくてはならない。…その時間帯にまんまとかかってしまったのは私(笑) 帰りのバスは頭に入れて考えながら登山しないとです。早池峰登山は交通の面でちょっと苦労しました。

f:id:Jodel-nozomi:20170711013731j:plain

天気は嬉しいくらいいい天気
同じ山なのに昨日とはまるで別の山です。遠くまで見えすぎて逆にちょっと怖い(笑)

f:id:Jodel-nozomi:20170711013202j:plain


花の百名山、早池峰。ちょっと時期は早いけどちょこちょこ咲いていました🌸


ミヤマシオガマ
f:id:Jodel-nozomi:20170711014522j:plain

 

ミヤマキンバイ
f:id:Jodel-nozomi:20170711014537j:plain

 
ミヤマハンショウヅル
f:id:Jodel-nozomi:20170711014557j:plain

 

ミヤマアズマギク
f:id:Jodel-nozomi:20170711014702j:plain

 

ナンブイヌナズナ
f:id:Jodel-nozomi:20170711021632j:plain
ナンブイヌナズナ、小さいけど密集してて目を引きます。青空にピッタリ♪

f:id:Jodel-nozomi:20170711014639j:plain

休憩。見渡すとやっぱりちょっと怖い(笑)f:id:Jodel-nozomi:20170711022051j:plain


早池峰の山頂が見えるけど、霧が出てきました。山の天気は変わりやすい。f:id:Jodel-nozomi:20170711023152j:plain

 

はしご場。これは想像以上に怖かった…(×_×;) しかも霧が一気に出てきてなんか天に向かっている感じ。上を見るぶんには平気だけど下を見ると怖い。f:id:Jodel-nozomi:20170711023854j:plain

 

登り切ってしばらく岩を登ると分岐点。f:id:Jodel-nozomi:20170711024420j:plain

尾瀬のような平坦な道♪ 当たり前の話だけど山ってのはずっと登ってばかりいるのでら平らな道が少しでもあるとやたら嬉しい(゚∀゚*)f:id:Jodel-nozomi:20170711024453j:plain

ところでわからない植物が。⇩尾瀬みたいな造りなので水芭蕉?でもなんか違うような…。実はこの植物、この後登る岩手山にもたくさん出現。結局よくわからないのでした。なんだろうか。ピクミンみたい。
f:id:Jodel-nozomi:20170711030727j:plain


雪道。これを過ぎると山頂。涼しい~f:id:Jodel-nozomi:20170711030957j:plain


山頂。実はこれぞ山頂!というもっともらしいものがないのでちょっと寂しかった(^^;)

f:id:Jodel-nozomi:20170711031212j:plain

f:id:Jodel-nozomi:20170711031116j:plain

 

下山。あらまあらまともう霧で真っ白。山の天気は本当に変わりやすい。
早池峰の岩は蛇紋岩といってとても滑りやすいので注意。山は登りよりも下りで怪我をするほうが多いのだとか。⇩これは根性試しの岩。この岩の上に立って写真を撮るのが人気。天気がいい時のが下が見えるのですこぶる怖い。f:id:Jodel-nozomi:20170712001818j:plain

 もう、三合目。下に降りれば霧も晴れてきましたが依然山の上は霧。f:id:Jodel-nozomi:20170712002652j:plain

 

あと3里!??1里4kmとするとあと12km?いや、おかしい。遠すぎ。よくわかりません。f:id:Jodel-nozomi:20170712003033j:plain

小田越登山口到着!11:45。バスが12:42。一時間ボーッとして待ちました。帰りのバスでは爆睡😪 zzz  ⇩これは岳駐車場です。

f:id:Jodel-nozomi:20170712003801j:plain


すっかり平地は天気

f:id:Jodel-nozomi:20170712004149j:plain

〈早池峰山・コースタイムまとめ〉
*河原の坊通行禁止のため小田越え~山頂~小田越えのピストン

6:35 小田越え登山口より登山開始(標高1215m)
7:39 二合目通過
8:07 五合目通過
8:39 はしご場通過
8:49 剣が峰分岐点到着
9:05 早池峰山山頂到着(標高1917m)
9:48 下山開始
11:45 小田越え登山口到着
12:42 シャトルバス乗車
13:07 岳駐車場着

登り:小田越え登山口出発 6:35 → 早池峰山頂着 9:05 (所要時間2時間30分)
下り:早池峰山頂出発 9:48 → 小田越え登山口着 11:45(所要時間1時間57分)

所要時間計:4時間27分

途中花を見つけては触ってみたり立ち止まって景色を堪能したり、のんびりな行程。小田越え登山口の標高1215m、山頂は1917m、標高差702mの道のりを2時間半で登るというのは短い時間で一気に登る訳で、急斜面が多い、険しい山の証拠。早池峰山は時間だけみると5時間もあれば登って降りてこれるので 簡単じゃーん~ と思いやすい(私はもっとイージーだと思っていた)けど、結構侮れない、険しい山でした。山頂までは岩場、はしご場、尾瀬場(尾瀬っぽいところ。)、雪道、など変化に富んでいて楽しめる道のりでした(^-^*) エーデルワイスなハヤチネウスユキソウの咲いた姿を見ることはできませんでしたが天気にも恵まれ楽しい登山でした♪

あ!いけない!目的のハヤチネウスユキソウの写真を忘れていました。
⇩ハヤチネウスユキソウの葉っぱ。-ミネウスユキソウ-とか似たのが他にもあるらしいけど恐らくこれがハヤチネウスユキソウかな~。f:id:Jodel-nozomi:20170712233003j:plain

葉っぱの真ん中にふわふわしたのがありました♪
f:id:Jodel-nozomi:20170712233041j:plain

わかりやすくウスユキソウを解説してくださっている旅行記発見♪ こちらの方のはしご場はかなり臨場感ある…。(;'∀')ウヒー!(汗)



撮れなかったので、Wikipediaさんより拝借⇩f:id:Jodel-nozomi:20170713000401p:plain

 

早池峰山の山開きは6/11。雨と強風で大変だったそうです。
登山記念に頂きました♪ 檜のいい香りがします(*´ω`*)

f:id:Jodel-nozomi:20170712011242j:plain

 

jodel-nozomi.hatenablog.com