Diary of Jodel-Nozomi

         ボタンはとりあえず押してみる。

岩手の旅②早池峰山(はやちね)登山 梅雨だけど晴天♪ 2017.6月中旬

朝4:30、御所湖から見える岩手山を眺めつつ いざ、早池峰山へ❕f:id:Jodel-nozomi:20170704014307j:plain

到着したのが5:45。今日はマイカー規制がかかる週末なので「岳駐車場」に車をおいて6:00発のシャトルバスに乗って「小田越登山口」へ。シャトルバスは5:30が始発。行きのバスは30分おきくらいに出ているけど、注意しなくていけないのは帰りのバス。帰りは小田越から岳駐車場行きに乗る訳だけど、これは下写真のようになっていて、一番注意したいのは10:42の次が12:42まで来ないという点。この時間に下山してしまうと長い時間待ちぼうけしなくてはならない。…その時間帯にまんまとかかってしまったのは私(笑) 帰りのバスは頭に入れて考えながら登山しないとです。早池峰登山は交通の面でちょっと苦労しました。

f:id:Jodel-nozomi:20170711013731j:plain

天気は嬉しいくらいいい天気
同じ山なのに昨日とはまるで別の山です。遠くまで見えすぎて逆にちょっと怖い(笑)

f:id:Jodel-nozomi:20170711013202j:plain


花の百名山、早池峰。ちょっと時期は早いけどちょこちょこ咲いていました🌸


ミヤマシオガマ
f:id:Jodel-nozomi:20170711014522j:plain

 

ミヤマキンバイ
f:id:Jodel-nozomi:20170711014537j:plain

 
ミヤマハンショウヅル
f:id:Jodel-nozomi:20170711014557j:plain

 

ミヤマアズマギク
f:id:Jodel-nozomi:20170711014702j:plain

 

ナンブイヌナズナ
f:id:Jodel-nozomi:20170711021632j:plain
ナンブイヌナズナ、小さいけど密集してて目を引きます。青空にピッタリ♪

f:id:Jodel-nozomi:20170711014639j:plain

休憩。見渡すとやっぱりちょっと怖い(笑)f:id:Jodel-nozomi:20170711022051j:plain


早池峰の山頂が見えるけど、霧が出てきました。山の天気は変わりやすい。f:id:Jodel-nozomi:20170711023152j:plain

 

はしご場。これは想像以上に怖かった…(×_×;) しかも霧が一気に出てきてなんか天に向かっている感じ。上を見るぶんには平気だけど下を見ると怖い。f:id:Jodel-nozomi:20170711023854j:plain

 

登り切ってしばらく岩を登ると分岐点。f:id:Jodel-nozomi:20170711024420j:plain

尾瀬のような平坦な道♪ 当たり前の話だけど山ってのはずっと登ってばかりいるのでら平らな道が少しでもあるとやたら嬉しい(゚∀゚*)f:id:Jodel-nozomi:20170711024453j:plain

ところでわからない植物が。⇩尾瀬みたいな造りなので水芭蕉?でもなんか違うような…。実はこの植物、この後登る岩手山にもたくさん出現。結局よくわからないのでした。なんだろうか。ピクミンみたい。
f:id:Jodel-nozomi:20170711030727j:plain


雪道。これを過ぎると山頂。涼しい~f:id:Jodel-nozomi:20170711030957j:plain


山頂。実はこれぞ山頂!というもっともらしいものがないのでちょっと寂しかった(^^;)

f:id:Jodel-nozomi:20170711031212j:plain

f:id:Jodel-nozomi:20170711031116j:plain

 

下山。あらまあらまともう霧で真っ白。山の天気は本当に変わりやすい。
早池峰の岩は蛇紋岩といってとても滑りやすいので注意。山は登りよりも下りで怪我をするほうが多いのだとか。⇩これは根性試しの岩。この岩の上に立って写真を撮るのが人気。天気がいい時のが下が見えるのですこぶる怖い。f:id:Jodel-nozomi:20170712001818j:plain

 もう、三合目。下に降りれば霧も晴れてきましたが依然山の上は霧。f:id:Jodel-nozomi:20170712002652j:plain

 

あと3里!??1里4kmとするとあと12km?いや、おかしい。遠すぎ。よくわかりません。f:id:Jodel-nozomi:20170712003033j:plain

小田越登山口到着!11:45。バスが12:42。一時間ボーッとして待ちました。帰りのバスでは爆睡😪 zzz  ⇩これは岳駐車場です。

f:id:Jodel-nozomi:20170712003801j:plain


すっかり平地は天気

f:id:Jodel-nozomi:20170712004149j:plain

〈早池峰山・コースタイムまとめ〉
*河原の坊通行禁止のため小田越え~山頂~小田越えのピストン

6:35 小田越え登山口より登山開始(標高1215m)
7:39 二合目通過
8:07 五合目通過
8:39 はしご場通過
8:49 剣が峰分岐点到着
9:05 早池峰山山頂到着(標高1917m)
9:48 下山開始
11:45 小田越え登山口到着
12:42 シャトルバス乗車
13:07 岳駐車場着

登り:小田越え登山口出発 6:35 → 早池峰山頂着 9:05 (所要時間2時間30分)
下り:早池峰山頂出発 9:48 → 小田越え登山口着 11:45(所要時間1時間57分)

所要時間計:4時間27分

途中花を見つけては触ってみたり立ち止まって景色を堪能したり、のんびりな行程。小田越え登山口の標高1215m、山頂は1917m、標高差702mの道のりを2時間半で登るというのは短い時間で一気に登る訳で、急斜面が多い、険しい山の証拠。早池峰山は時間だけみると5時間もあれば登って降りてこれるので 簡単じゃーん~ と思いやすい(私はもっとイージーだと思っていた)けど、結構侮れない、険しい山でした。山頂までは岩場、はしご場、尾瀬場(尾瀬っぽいところ。)、雪道、など変化に富んでいて楽しめる道のりでした(^-^*) エーデルワイスなハヤチネウスユキソウの咲いた姿を見ることはできませんでしたが天気にも恵まれ楽しい登山でした♪

あ!いけない!目的のハヤチネウスユキソウの写真を忘れていました。
⇩ハヤチネウスユキソウの葉っぱ。-ミネウスユキソウ-とか似たのが他にもあるらしいけど恐らくこれがハヤチネウスユキソウかな~。f:id:Jodel-nozomi:20170712233003j:plain

葉っぱの真ん中にふわふわしたのがありました♪
f:id:Jodel-nozomi:20170712233041j:plain

わかりやすくウスユキソウを解説してくださっている旅行記発見♪ こちらの方のはしご場はかなり臨場感ある…。(;'∀')ウヒー!(汗)



撮れなかったので、Wikipediaさんより拝借⇩f:id:Jodel-nozomi:20170713000401p:plain

 

早池峰山の山開きは6/11。雨と強風で大変だったそうです。
登山記念に頂きました♪ 檜のいい香りがします(*´ω`*)

f:id:Jodel-nozomi:20170712011242j:plain

 

jodel-nozomi.hatenablog.com

 

岩手の旅①夜行バス&早池峰(はやちね)山 2017.6月

岩手に行ってきました(^^)/
🚌東京22:30出発の夜行バスに7時間半揺られ、心地よい揺れにスヤスヤ…。朝の5:50、「盛岡です」のアナウンスでお目目を開くともうそこは盛岡なのでした。えー!もう!?と、ちょっと朝から感動。。。
嬉しいのは快適さと価格。東京~盛岡まで3000円。 "ゆったりシート"という通常バスは11列だけどこれは10列タイプのもので、そのぶんシート間がちょっと広い。窮屈さもなく、座席は眠る用にすでにMaxまで倒れているし空調も調節できるし毛布もあるし最高でした。ちなみに普通の11列タイプだと2800円で盛岡まで行ける。(´∀`)bグッ!  今回は私は200円ふんぱつしてゆったりシートでゆったり♪ お蔭で快適に過ごせました♪

⇩東京~盛岡 約540km  案外近いし安いのでクセになりそうです。

f:id:Jodel-nozomi:20170702221623p:plain

⇩盛岡駅。1週間前に東北も梅雨入りしたのでした。雨です。

f:id:Jodel-nozomi:20170702225304j:plainf:id:Jodel-nozomi:20170702225941j:plainもうすぐ七夕♪ 

 

さて、一日目の予定はこれから「早池峰山」。花の百名山に選ばれている早池峰山は、ここでしか見られない 日本のエーデルワイスと言われている「ハヤチネウスユキソウ」が見られる山で、岩手といったらハヤチネというくらい有名らしい。そんな山なのでぜひとも登りたい!!!!!登らねば!!!!という訳で朝8時、駅前のレンタカー屋で開店と同時に車を借りて一気に早池峰山を目指します。

*補足*
盛岡駅には休憩所という場所がありテーブルとイスもあるので朝早く着いてもそこで時間をつぶせるので安心です♪近くに駅中コンビニもあるので朝食も心配なし♪ ノートパソコンをつなぐ線?みたいのもありました。(たぶん。使ってないから半信半疑ですが使っている人はいた。)

f:id:Jodel-nozomi:20170703014622p:plain

早池峰山へのアクセスはどこの駅でも(盛岡駅でも花巻駅でも)土日祝しか早池峰山行きのバスは出ていないので、平日に登りたいという場合はレンタカーしかない。というか休日でもレンタカーのが絶対いい。駅前にレンタカー屋はたくさんあるし、車なら荷物置いたまま登山できるし、時間も気にしなくていいし。レンタカー屋さんもいろいろとキャンペーンを行っているので例えばシルバー割り、平日割り、バースデー割り、連日割り…、などいろんなお得プランがあるのでそれを上手に使うとgood♪私の場合は2名利用の軽自動車使用で一人あたり一日2000円いかないで済みました。もちろん保険料込み。人数が多ければ、もっとお得になりますね(^^♪ ありがたや~

 

9:00 早池峰山登山口の「河原の坊」到着🚙

f:id:Jodel-nozomi:20170702231118j:plain
盛岡駅から53km、1時間で到着。渋滞はもちろん信号がほとんどないのでほぼノン・ストップでした。雨なので駐車場もガランガラン…。ちょっと寂しい。

⇩河原の坊駐車場

f:id:Jodel-nozomi:20170702231630j:plain

⇩2017.6月現在

f:id:Jodel-nozomi:20170703000329j:plain

旅行計画を立てていた時、早池峰山登山は 河原の坊→山頂→小田越 がイイ!なんてガイドブックとかに書いてあったのでそれで考えていたのだけど、花巻市のHPによると河原の坊、当分の間通行止めとしか書いてないのでもう一年経ってるどうなのだろうと思い電話したら「今現在も通行できません」とのこと。問い合わせた翌日、下記赤線部分が加えられてました(笑)

f:id:Jodel-nozomi:20170702232905p:plain

ちなみにとても細かいことだけど、この⇧情報、花巻市のスタッフさんと早池峰山で実際に働いているスタッフさんと言ってることが結構違くて、ちょっとこれはどーなの!?😡と思ったことがあるのでこれから早池峰山に登ろうという方の参考になればと思い情報提供。

早池峰登山でよく使われる 小田越登山口。ここには車で行けないので河原の坊駐車場に停めて、そこから歩いて小田越登山口に行ってくださいと電話口で案内され、HPにもそう載っているし実際に河原の坊入口に看板も立っているので私も河原の坊駐車場に車を置いてコンクリートのいかにも車が通れる道を30分かけて小田越えに到着したところ、そこにいたスタッフの人に「車で来ればよかったのに」と言われ えぇ!? と思いました。平日であれば、車で来てもらって問題ないし、土日祝日は 朝5:00前、もしくは13:00以降であれば小田越えまで一般車も通れるようになっているからいいんだよ、と。えー・・・それ、知りませんでしたよ。。。というか、その情報、ちゃんと伝えないと不親切じゃないですか?・・・ちょっとこれには納得がいかない ふつふつしたものを抱えながら、30分間でそこそこ結構疲労したし雨もポツポツだし…とブツブツ言いながら登山開始。

ささやかながら、訂正。というか、付け加え。これで少しでも気分よく登山できる人が増えれば嬉しい。⇩

f:id:Jodel-nozomi:20170702234507p:plain

f:id:Jodel-nozomi:20170703000252j:plain

 早池峰国定公園 トップページ | 花巻市


この日は不思議な天気で、雨がザッと降ったかと思えば時折 青空が見えるので晴れてくれるかな?と期待しつつの登山になりました。雨というのは登山において敵で、足元が悪くなるうえに視界も悪いし合羽を着るのでなんかジトーッとして気分もズーン…。懸命にテンションあげようと鳥と会話したりヤーホホイと叫んでみたりしたけど努力の甲斐なく、微妙な天気が続いてようやく1合目。。。うーん。。。ダメ!今日は、中止!と、途中で腹を決めて下山。せっかくの早池峰山、雨では何も楽しくないので明日予定を変更して再挑戦することにしました。

f:id:Jodel-nozomi:20170703000408j:plain

f:id:Jodel-nozomi:20170703000424j:plain

 下山後、河原の坊の休憩所で一息。素敵な絵が飾られていてエーデルワイス(ハヤチネウスユキソウ)が描かれているせいか、アルプスにいるようでした。

f:id:Jodel-nozomi:20170703001545j:plain

車に戻り、道の駅「はやちね」へ。

f:id:Jodel-nozomi:20170703005729p:plain

店内に入るとカウベルが置いてあったり、民族衣装を着たパネルがたくさん飾られているので なんかヨーデルっぽいなーなんて思いオーナーさんに尋ねたところ、ここ早池峰(花巻市 旧:大迫町)とオーストリアのベルンドルフ市はエーデルワイスとハヤチネウスユキソウが似ているということから姉妹都市になっており、そのためオーストリアゆかりの品々が置いてあるとのことでした。オーナーさんも何度かベルンドルフに行かれ、また、早池峰も自然も大好きでご自身でアルプホルンも吹かれるとのことで。そんなこんなでヨーデルのこととかアルプスの話などすっかり話が膨らみ長居してしまいました(^^;)記念に、オーナーさんご自身で作られた早池峰のバッチとあとカウベルを購入♪一番のお勧めは自家製の「エーデルワイン」ということです♪

f:id:Jodel-nozomi:20170703004513j:plain

f:id:Jodel-nozomi:20170703001506p:plain

⇩早池峰から盛岡市内の宿に向かう時にはすっかり青空。遠くに岩手山が見えます。

f:id:Jodel-nozomi:20170703010824j:plain

泊まる宿は御所湖という湖のほとりにある "つなぎ温泉" の宿♪ 雨に降られたし微妙に汗もかいたしでゆっくり温泉に入った後、宿周辺をお散歩。この御所湖(ごしょこ)はキラキラして落ち着いていて綺麗。時間があったらこの湖を探索しても楽しそうですが今日は明日に備えて朝食の買い出し。この辺のお店は18時には閉まるみたいなので急ぎます。

・・・ってもう17:58!!慌ててお店に駆け込みました(^^;) すみません…。

f:id:Jodel-nozomi:20170703012522j:plain

f:id:Jodel-nozomi:20170703012130j:plain

歩いてるとちょくちょくある、手湯とか足湯。もちろん浸かりました。

f:id:Jodel-nozomi:20170703012253j:plain

⇩御所湖はこんな感じ。左上に岩手山。小岩井農場もすぐ近く♪

f:id:Jodel-nozomi:20170703012725p:plain

 
宿に戻ると夕食が。座っていればご飯が出てくるなんて嬉しい…。普段はできない贅沢です。しかも、ものすごくボリュームがあって美味しかった。天然のつなぎ温泉で、夕食付で(朝もついているけど出発が早いので断念。)一人あたり4500円。バスも快適、宿もご飯も最高、いいことづくしです。あ、雨に降られて山は残念だったなぁ。でも明日はきっと晴れます!という訳で明日に備えてご飯を2膳頂き20:00就寝です♪

f:id:Jodel-nozomi:20170703011406j:plain

ヨーデルフェスト・完

3年に一度のお祭り、ヨーデルフェスト終了♪(^^)
バイエルンやオーストリアでは薄まりつつあるヨーデル、スイスでは恒例の伝統行事として盛大に続いていて今年も無事終了したようです。この動画を見るだけでもいかに大きなイベントであり国民が楽しんでいるかというのが伝わってきます♪我々にとってのオリンピックのようなものなのかな?例えが下手かも知れませんが。

ヨーデル好きとしては伝統ヨーデルを大事にするこの姿勢を見習いつつ、日本人として、日本の伝統や文化も大事にしていきたいと身が引き締まる思いです。