Diary of Jodel-Nozomi

         ボタンはとりあえず押してみる。

ヨーデルフェスト・完

3年に一度のお祭り、ヨーデルフェスト終了♪(^^)
バイエルンやオーストリアでは薄まりつつあるヨーデル、スイスでは恒例の伝統行事として盛大に続いていて今年も無事終了したようです。この動画を見るだけでもいかに大きなイベントであり国民が楽しんでいるかというのが伝わってきます♪我々にとってのオリンピックのようなものなのかな?例えが下手かも知れませんが。

ヨーデル好きとしては伝統ヨーデルを大事にするこの姿勢を見習いつつ、日本人として、日本の伝統や文化も大事にしていきたいと身が引き締まる思いです。

土曜日の音楽会♪「ヨーデルの夕べ」 -完-

f:id:Jodel-nozomi:20170426005338j:plain

お疲れチャンチャン♪ 終わりました土曜日の音楽会(^^)/
楽しむより こなすことでいっぱいいっぱいだったけどでも頑張れたかな。うーん。。。でもまだまだイマイチ。反省点盛りだくさん。という訳で、また次こんな機会があったらいろいろ頑張りたいと思います♪
当日は欠員が一人も出ずに終えることができたのはとにかく良かった♪(^-^)貴重なマニアックすぎる趣味の仲間。初めてこの会の人たちに会った時、独特すぎる雰囲気にオタク的な服装で 街を練り歩き 雄たけびのような強烈なヨーデルを熱唱する姿に正直 感動すると同じくらい ヒいてしまう感情も生まれたのだけど なんていうんでしょう、朱に交われば赤くなるというものなのか、すっかり私もオタクの仲間入りしてしまっているということに 来てくれた方の感想を聞くと思います。ディアンドル着るのがもう普通になりつつあるこの頃。歌うのと同じくらい衣装を着るのは楽しい。
 

今回2回目の司会。司会を担当するとそのことで頭がいっぱいで、このロビーコンサートが行われた1時間36分間の間で "ホッ" とできた瞬間は実は2回だけ。どちらも、二重唱の時間 でした。とにかく二重唱は楽しい。ソロで歌うのは楽しめるという次元までなかなかいかない。でも不思議だけど二重唱歌ってる時は楽しくて仕方がない。ホッとする。それ以外の時間は全部緊張しっぱなしでした。余裕がない、ってやつなのだろうかなんなんだろうか。よくわかりません。 うーん。。。。 1人と2人 って人数的には単純に ×2 なのだけど 楽しさとか感動とかは ×2 ではなく ×20 くらいになるんじゃないかと私は感じる。ハモッた瞬間は気持ちがいいし、ハモらない部分でも互いに同じリズムを刻んでひとつの曲を仕上げていくその持ちつ持たれつ的な時間が楽しい。1人でなく2人でステージに立つということ自体が楽しいというか。(あ!もちろんバックで演奏してくださる奏者というのも同じステージを共に作り上げている訳ですが!!)重唱、今のところ2人ばかりだけど 今後は3人になったり5人になったりと新しい重唱ができたらきっと見てる人も楽しめるだろうし歌うほうはもっと楽しいのではないかなぁ…と欲望は尽きませんが。

 

さて、今回の土曜日の音楽会、ヨーデルの夕べが杉並区のTV(ケーブルテレビ?)JCOMチャンネル東京・11ch に出るそうです。その地域の人しか見られませんが。

6月13日(火)18:30~18:50

f:id:Jodel-nozomi:20170612235242p:plain

里のヨーデル -Dorf Jodler- ルディ・マイクスナーさん。

原曲、初めて聴きました♪
オーストリアのヨーデルはとにかく優しくソフトなものが多い気がします。