Diary of Jodel-Nozomi

         ボタンはとりあえず押してみる。

スイスのヨーデル

スイスと一言でいっても、地域によってヨーデルの種類はいろいろあるようです。

共通して動画とか見て思うのは、スイスヨーデルはとても大きく口を開けて歌う。

地声と裏声の声質が違う。(地声・裏声・と表記すること自体がヨーデルをしっかり学んでいるひとからすると違うらしいのですが・・・)

地声は、まさに叫び声のような感じで、裏声はまたやたら綺麗。響いてて。

それがスイスっぽさなのかな。

 

もともとは、山で遠くの人に送る合図のようなものからヨーデルは発祥したわけだから、

綺麗な声で歌うというよりはとにかく遠くに声を届かせることが必須だったのでしょう。

 

スイスヨーデルを歌うにはとにかく雄大な風景を思い浮かべ、澄み切った空気を吸う感じで息を吸い、「届け~!!!!」という強い気持ちで(笑)歌うのが大事なのでしょう。