読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary of Jodel-Nozomi

         ボタンはとりあえず押してみる。

ヨーデル療法 - Jodel therapy -

           f:id:Jodel-nozomi:20150807113556j:plain

 リトミックをとおして、こどもの反応というのは実に素直で純粋なものだなぁと感じます。絵本とかを読んでいて、明るい楽しいシーンでは明るく楽しくピアノを弾く訳です。でも、次に悲しいページがくるぞ・・・という時に暗い、悲しいピアノの音色で弾くと、ページをめくる前からもう悲しそうな泣きそうな顔に。本能で反応しているのだと思います。本当にこどもの反応は素直です。

そしてヨーデル。私自身は試みたことはないのですが、「ヨーデルをこどもの前で歌ったらゲラゲラゲラゲラ笑いだした」という話を今までに何回も耳にしました。それも、同じ人からではなく全て違う人が試みてそう同じことを言っていたのです。

つまり、感情表現が純粋で素直なこどもが、ヨーデルを聴くだけでゲラゲラ笑ってしまう、ということはヨーデルには少なからず人を笑わせる、笑顔にさせる要素が含まれているのではないか、と思うのです。  私自身、ヨーデルを歌う時はやはりどうしても気分を あげぽよ⤴ にしないとヨーデルは歌えないのです。逆にも言えますね、ヨーデルを歌っていると気分が あげぽよ⤴ に自然となっちゃう、とも。(どちらかと言えばそっちかな)

やはりこれは、ヨーデルにはメンタル面に働きかける治癒力みたいな、心の薬となるものがあるとしか思えない・・・。

と言う訳で、大好きなOesch's die Drittenの歌うヨーデルセラピー -Die Jodeltherapie- という曲の紹介♪ といきたいところでしたが動画が見つからないので、ヨーデルセラピーから関係ないですが私の好きな曲をご紹介♪ (適当だなー。笑) 

 Oesch's die Dritten  Die Jodel-Sprache

f:id:Jodel-nozomi:20150707095747p:plainOesch's die Dritten - Die Jodel-Sprache - YouTube

 

↓ヨーデルセラピー -Die Jodeltherapie-の音源を頂きましたので追加致します♪

f:id:Jodel-nozomi:20150707100008p:plainDie Jodeltherapie (par Oesch's die Dritten) - fiche chanson - B&M