Diary of Jodel-Nozomi

         ボタンはとりあえず押してみる。

ヨーデルってこういうもの。

地域活性化、ボランティア活動 -人前で話す練習-というものがあり、3週にわたって講習を受けてきました。今日は最終日、皆さん各自で伝えたいこと、自分のことなどを5分間でまとめて発表する、というものでした。私が話したいことと言ったらやはり心を元気にしちゃうヨーデルのこと。なぜヨーデルが好きなのか!?ヨーデルの何が凄いのか!?なんでヨーデルなのか!?とお伝えしたい熱い思いは語り切れないのですが、なんせ5分。とりあえず、ヨーデルってこんなものですと口で説明してもわかりにくいので歌っちゃいました(笑)歌ったのは、この前施設で歌った、Höch obe というスイスヨーデルの最初の部分。もともと「叫ぶ」ことから始まったヨーデルというものを感じとってもらうのにこの曲はわかりやすくて良いと思ったからです。難しい説明しても楽しくないので と に か く 大きな声を思い切り出すんですー!でないと、山から山へ届かないんですー!(笑)という感じでまずはヨーデルが生まれた原点、遠くへ声を飛ばす!ということで皆さんにも大きな声で 叫んで 頂きました(笑)「ヨーデルって面白い!」なんて興味を持っていただいた方もおられ、それは嬉しかったです。そしてやはり声を出した後は皆さん自然と 笑顔 が…♪ (*^-^*) 笑うって本当、心にも身体にもいいですよね♪

話し方についてはまだまだ上手に伝えるようなお話はできませんでしたが、色々な専門家の方のアドバイスを頂き大変勉強になりました。また、今回の講習で沢山の方がいろんな熱い思いを語られ様々な活動を行っているということを知れて、夢と希望にあふれる一生懸命な姿にまた胸をうたれました。 このような企画を立ち上げて下さった地域サポートの方々に感謝いたします。Prosit ♪(^^)/