読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary of Jodel-Nozomi

         ボタンはとりあえず押してみる。

ヨーデル  -in 川越- 

今日は日頃お世話になっている清水智子先生の歌のコンサートがありました。           - ジャンルを問わない音楽家 - とうたわれているだけあって、日本の古き良き歌や外国の歌、色々な歌を歌われ、その中でヨーデルも2曲歌われました。

清水智子先生の「ヨハン大公のヨーデル」凄かった…☆:*:・涙。゚(゚ノД`゚)゚。涙・:*゜☆ ヨーデル仲間も一緒だったのでできるだけ堪えていたのですがでも感動して涙が勝手に出てきました。そうか、歌というのはこういう風に歌うものなのか!と、先生の歌をとおしてそれが伝わってきました。綺麗にスコーーーーーン!と遠くへ飛んでいくようなエネルギーと勢いのある声。山の向こうにいる人への合図として生まれたヨーデルを、あんなに情熱的で綺麗な声で歌われてしまったらきっと返事するほうはモジモジしてヨーデルどころか声も出なくなってしまうかも知れませんね(笑) よく考えてみると、普段は指導していただくのみで先生の歌をまるまる一曲きちんと聴いたのは今日初めてでした。清水先生の素晴らしさを再認識させられた素晴らしいコンサートにProsit!(^^)/