読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary of Jodel-Nozomi

         ボタンはとりあえず押してみる。

アントニオ古賀さん♪ -古賀政男Melodyにのせて-

古賀政男さんのお弟子さんであるアントニオ古賀コンサートへ行って参りました♪

驚いたのは、ギターの凄さ。ギターのことはよくわからないのですがとにかく凄かった。何が凄いかというと どうやって弾いてるの? という弾き方をしていた曲があったのです。それは「ソンブレロは風まかせ」という曲。メキシコ?っぽい情熱的な曲で、ジャカジャカジャーン!という激しめのギター弾きの上にアントニオ古賀さんの声がのり、さらに!すごいのはギターの弦を弾きつつボディーを叩きつつ?ん?でも叩いてる時も音が鳴ってる?どうなってるの?本当にギターひとつ?誰か舞台裏で演奏してますよね?という疑問を持ってしまう凄さ。でも本当にアントニオ古賀さん一人で演奏しているらしく。信じられない…ご自身でも「この曲すごーく大変なんです。でもできちゃうのはアントニオ古賀だからです」なんて会場を笑いの渦に巻き込んでいました。他にも人が近づいてくる靴のカツッカツッという音をギターを表現されたり。ギターひとつでいろんな音を作れることを知りました。少し視聴できますが、こちらいろんな楽器が入ったアレンジになっているのでコンサートのような超絶技巧のギターは残念ながら聴くことができません。 

アントニオ古賀 『ソンブレロは風まかせ』視聴

あと興味深かったのはコミックソング、『クスリ・ルンバ』という曲。これはある日アントニオ古賀さんが栄養ドリンクが飲みたくて買ってきてほしいドリンク名をメモに書いていったが、どれもなくメモがカタカナの栄養ドリンク名でびっしりになってしまった。 それを見たときに「コーヒー・ルンバ」とこのドリンク剤の文字が重なりできた曲だとか。最近の若者もギターでクスリ・ルンバを弾き歌うそうです。

『クスリ・ルンバ(アントニオ古賀)』1971年 - YouTube

『コーヒールンバ(西田佐知子)』1961年 - YouTube