読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary of Jodel-Nozomi

         ボタンはとりあえず押してみる。

チキン・アタック ロケ地を求めて~ 訪問ストーリー① 男性スタッフと鶏攻撃の術

Chicken Attack チキンアタック Takeo Ischi 石井健雄 ヨーデル ロケ地めぐり

f:id:Jodel-nozomi:20170218011440j:plain

車を飛ばし、急遽向かった『難波田城公園』
あらゆる角度からパシャパシャ写真を撮りつつ チキンアタックの動画撮影にまつわるお話などお伺いしたい気持ちのまま なかなか声を掛けられずオロオロしていたところ難波田城資料館スタッフの男性が「何か御用ですか?」と声を掛けてくださいました。

「あの・・・ここってチキンアタックの・・・?」

と口を開くや否や 「えぇ!そうです!」と、笑顔でとても優しいお返事。
返事と同時にもうロケ地案内体制に入り「こちらでこうでした、この時こうでした、」ととても丁寧に撮影にあたってのお話をしてくださいました。

 そして最も印象に残る、石井さんが鶏攻撃を仕掛けるシーン。
「どのあたりですか?どの方向ですか?どんな感じですか?」とさっきまでのオロオロはどこにいったのやらスタッフさんから撮影秘話を聞き興奮MAXの私はたくさんの暑苦しい質問をしてしまったものの全て丁寧に対応して下さり さらに「石井さんが鶏攻撃を仕掛けた感じをやってみてもらえますか?」という無茶振りすぎる要求にも快諾して下さいました。そしておさめた写真がこちらです。

⇩無茶振り対応して下さった優しすぎる男性スタッフ◯◯様による鶏攻撃の術⇩

f:id:Jodel-nozomi:20170217232204j:plain
 ⇩石井さんによる鶏攻撃の術⇩

f:id:Jodel-nozomi:20170217232254j:plain

おぉぉぉ!Σ(゚Д゚)クリソツ!あ、attackのaは小文字だったぁ~間違えた(涙) しかしながらものすごくいい感じに撮れていて感動。さすがスタッフ様です。
無茶振りへのご協力、その他もろもろ ありがとうございました。m(__)m  

*許可を頂いて掲載しております。

 ----------------------------------------------------------------------------------

こんなにも風情があり、しかも立地的にも都心から近く日本らしい場所。日本に来た海外の観光客の方は喜ぶこと間違いないでしょう。そしてきっとこの古民家ゾーンに入ったら皆が皆揃ってニワトリに見立てた白いモノを懐に抱き、昔ながらの黒いビニールのごみ袋を首に巻きマントに見立てて「チキン・アタック!」と叫びながら写真をおさめるに違いない。今ならまだ人も少なめなのでひとりで訪れたとしてもゆっくりと三脚を立ててタイマーをセットし石井さんと同じアングルで撮れるまで何度もトライすることも可能。入場料も駐車場も無料。必要なものは少しばかりの勇気と恥を捨てる覚悟だけ。

とても素敵な場所と優しすぎるスタッフさんに出会えて幸せすぎる私は時が経つにつれ正直この場所を他に教えたくない気持ちもフツフツ湧き始めてしまったのですが、でもここは再生回数すでに430万回を記録している話題沸騰中の注目スポット。スタッフさんも心得て先に先にといろいろと工夫を考えてできるだけ訪れてくれた方に喜んでいただけるような心構えでいる素晴らしい方々ということがわかりました。なので、ぜひともチキンアタック動画の地を訪れたい方、日本の古民家に興味のある方、はたまた無茶振りの鶏攻撃の術ポーズにこたえてくださる優しいスタッフさんにお会いしてみたい方、こちら難波田城公園を訪れてみて欲しいと思います。

 

-富士見市のHPに「チキンアタック」のことが掲載されました♪-

 

 

Jodel-Nozomi ブログ 次回掲載予告

:チキン・アタック ロケ地を求めて~訪問ストーリー②女性スタッフと梅香る表門
       そして若忍者のチキンは びん沼自然公園に  

 

 

jodel-nozomi.hatenablog.com