Diary of Jodel-Nozomi

         ボタンはとりあえず押してみる。

バンド de ヨーデル ♪ -スイスの娘&アルプルの少女ハイジ おしえて メドレー♪-

先日バンドをバックにヨーデルを歌うという経験をさせて頂きました(*^-^*) 最初このお話を頂いたとき正直バンドというもの自体馴染みがなくピンとせず、何を歌ったらいいものなのかもナゾ…(^_^;) なので曲のチョイスはバンドに合いそうな曲でお任せしたところスイスの娘とハイジのおしえてがいいのでは?と案を頂き。うーん…歌えるのか自分?と自分でも歌えるかどうか未知でしたがとりあえずやってみないとできるかどうかもわからないしということでやってみました。

感想は、自分の歌に満足はしてないけどでも頑張れたかな、というやり切った感はアリ(^^)/ そして出来不出来よりも何よりも とても楽しかった♪(*´ω`*) うまくいかなかったー💦とか反省すべきこともたくさんあるのだけど(反省しなさい!笑)でも正直それよりも何よりも楽しくて仕方がありませんでした。歌えるかわからない歌に挑戦してみたこと、バンドという新しい形のサウンドで歌わせていただけたこと。全員揃ってのリハーサルをしたのは実は本番の5日前のことで、それまでバンド伴奏でどんな風になるのか不安もあり。しかしリハーサルで『ワン・ツー・スリー!』の掛け声で前奏が始まった時、その生きた豊かな音に感動してしまって二の腕から首筋にかけて鳥肌が立ちました。感動しすぎて歌うことを忘れていて途中から歌いだしたもののマイクを使うのも忘れて歌っていました。お蔭で本番ではマイクを持つことだけは忘れずにしっかり歌えました。

会場のみなさまは自然と手拍子して下さり、間奏部分で掛け声や口笛(指笛?)を入れて下さったりと大いに盛り上げてくださり とても×2嬉しく心強かったです。このようなご縁がありましたらまたぜひ挑戦してみたいと思います楽しかった~(^^)ルルン♪