Diary of Jodel - Nozomi

ボタンはとりあえず押してみる。

今日は十六夜(いざよい)🌝 ~十五夜はハロウィンだった!?節。

いざよい、十六夜。
十五夜の次の日をじゅうろくや、通称『十六夜 ~いざよい~ 』と言います。
いざよいとは、なんとも美しい響きだなぁなんて思いますが、そう呼ぶようになったのは月は一日に約50分ずつ出るのが遅くなるので、その様子を猶予(いざよ)う=ためらっている様にたとえて「いざよい」いうらしい。

月、って実はすごく大事な存在で、中学生の時潮の満ち引きが月の引力によって起こっているというのを知った時は衝撃的でした。月の潮汐力(潮流と干満差)

海の水をひっぱっちゃうくらい強力な引力があるわけだから、月が頭の上にある時に体重を計ると軽く、月が足の下にある時は体重が重くなるんじゃないの?とか単純に思うのだけど、どうなんでしょう。水泳とか、走り高跳びの選手とか、月の位置によって記録が変わったりしちゃうんじゃないのかな?なんて。あ、だからオリンピックのように全世界から一か所に集まってタイムを競う、っていうのは条件が同じ中でやるのでとてもいいと思います👍

 

日本のハロウィン、実は十五夜?🎃🌝

十五夜になると、日本でもある地域では「お月様ちょうだい♪」と言って、こどもがお菓子をもらいにくるという風習があるそうです。これって、今流行のハロウィンで言う「Trick or Treat!」と同じ!? もう今ではほとんど行われていないらしけど、個人的には十五夜の月明かりの中「お月様ちょうだい♪」ってこどもがお菓子をおねだりしにきてくれたら嬉しいなぁなんて思います。ハロウィンは10/31って決まってるけど、十五夜は毎年日にちが変わるから暦を大事にしたり、月の満ち欠けを見て あぁ、そろそろお月見だなぁなんて思えて昔ながらの伝統を繋いでいくという意味で中秋の名月、十五夜の『お月様ちょうだい♪』って素敵!!って思います。
こんなお祭りはいかがでしょう。お月様にお団子をお供えしたあと、こどもは(おとなもやってもいいか。)串にダンゴを刺して近所の各家庭でいろんなタレをもらいに巡るお祭り。そこには、あんこ味、みたらし味、ずんだ味、黒蜜きなこ味、チョコレート味、、、なんていろんなタレが用意されていて。つけ放題!!!・・・きっと楽しいと思うなぁー・・・。


本日、いざよいの空⇩


あいにくの雨で月はまったく見えませんでした。残念。


今年、2018年は9/24(月祝)が中秋の名月の十五夜、それに続き十三夜(じゅうさんや)10/21(日)にきます。どちらか片方だけでは「片見月」と言って縁起がよくないそうで、十五夜&十三夜、お月見したほうが良いとのこと。ちなみに十五夜よりも十三夜のほうがすっきりとした天気でハッキリした月が見られることが多いそうです♪🌝

 

それでは昨日に引き続き、月にまつわる曲紹介。
美少女戦士セーラームーンより、

『ムーンライト伝説』

歌詞を見なくても空で歌えてしまう…(;'∀')
これを見ながら育った人間であります。ん?ジャンルがぶっ飛びすぎ?「月にかわっておきよ♪」アハハ(∩´∀`)∩